ぐんまうちゅう日記 > 登山・山歩き・ハイキング > 酷暑を避けて夏の黒檜山(くろびさん)にソロトレッキング。久しぶりの登山にて、上がらない足、あがる呼吸、なまった体を再確認。

酷暑を避けて夏の黒檜山(くろびさん)にソロトレッキング。久しぶりの登山にて、上がらない足、あがる呼吸、なまった体を再確認。

この日は妻子が一日外出、という事で、久しぶりに山にでも行こうかと急遽計画。真夏の登山なので、高さの低い鍋割はきっと暑いだろうなと、久しぶりに赤城山最高峰へ向かいました。

駒ヶ岳・黒檜山登山口

という訳で、駒ヶ岳・黒檜山登山口そばの駐車場に車を止め、チャチャっと支度を整えて、黒檜山登山口まで湖畔を歩くことに。
帰りはココに出てくる予定であります。

大沼湖畔

ボートが並んだ大沼湖畔。
下界は30℃オーバーでしたが、大沼湖畔は25℃ほど。涼しくて歩きやすいです。

赤城神社

湖畔の赤城神社も清々しい風景。
こちらも人出が多くにぎわっておりました。

黒檜山登山口

アスファルトを行くこと約30分。黒檜山登山口到着です。
いよいよ登山スタート。気合を入れます。

ゴツゴツ岩の急登

登り初め、ゴツゴツとした岩の急登がすぐに始まります。
久しぶりのトレッキングにて、まったくペースが上がらす、ちょっと歩いては休憩。息がすぐに上がります。

猫岩からの眺め

フーフーヒーヒー言いつつ、何とか猫岩まで。
ガスっていますが眼下に大沼。とっても気分の良い風景です。

登り終わり稜線へ

その後もヒーヒーフーフーと汗ダクダクで何とか登りも終わり。
稜線まで登りあげて、山頂はすぐそこです。

黒檜山山頂到着

標高1,828m 黒檜山山頂到着!
鍋割よりも500mほど高い!涼しいっす。
人も多かったのでその先の展望ポイントへ。

展望スポット

展望スポットもたくさんの人。。そして展望は望めず。。
休憩場所を探し、祠の奥の木陰でランチ休憩開始。

お楽しみの山ラーメン

やっぱ山にはラーメン!
途中コンビニで仕入れた煮干し豚骨なヤツでしたが濃厚旨しでありました。

ときおり青空も

真白な曇り空が続く中、時折青空も覗きます。
ゆっくり小一時間休憩した後、後半戦の下山開始。帰りは駒ケ岳方面へ。

黒檜山大神

黒檜山大神にご挨拶。
久しぶりにお邪魔しました。ありがとうございます。

大ダルミからの眺め

遠くでゴロゴロなっている雷に、いつ降ってくるかと怯えつつとりあえず大ダルミまで。
雲の流れが早いっす。

駒ヶ岳到着

ゴロゴロヤバイ、、ゴロゴロヤバイ、、などと思いつつ、とりあえず駒ヶ岳到着。

駒ケ岳から望む大沼

かろうじて大沼も確認できます。
さらに稜線を行きます。

稜線歩き終了

徐々にガスもきつくなってきました。
稜線はここまで。ここから角度の急な鉄の階段、木の階段が続きます。

ゴール間近

久しぶりのトレッキングに膝がガタガタ。。負けるもんか!と奮起しつつようやっとゴール。
駐車場に着いたと思ったら、ポツポツと雨が落ちてきました。

翌日から3~4日ほど、太もも、ヒザ、ふくらはぎバキバキの筋肉痛で大変難儀しましたが、その疲労感が心地良かったです。思っていたよりも涼しかったので、夏は黒檜だな、と実感しました。
また近いうちに登りたいと思います。黒檜の神様、雨にも降られず無事に下山できました。見守って頂いてありがとうございました。

[link] : 群馬−黒檜山(赤城山)日本山岳会
[link] : 黒檜山・駒ケ岳 【赤城山登山ルート】 | 群馬県赤城山ポータルサイト
[link] : 赤城山トレッキングマップ|特集 | 前橋の観光・旅行情報サイト 「前橋まるごとガイド」

晩夏の赤城山、鍋割山ソロトレッキング。曇り空で涼しかったものの、頂上は雲の中で真っ白。

秋の赤城山、鍋割山トレッキング。次男坊(小一)と清々しい山を堪能。下山中にゲリラ雨の洗礼。

赤城山最高峰黒檜山(くろびさん)に親子三世代で登頂す。おのこ駐車場より黒檜山、駒ケ岳経由で無事下山。