ぐんまうちゅう日記 > ランチ・ディナー・外食・飲食 > ときん亭 で おおもりそばを食す。長野県北佐久郡立科町、立科町役場前で営業。

ときん亭 で おおもりそばを食す。長野県北佐久郡立科町、立科町役場前で営業。

この日は関西方面に出張予定。
前橋から高崎、安中、と、国道18号線。碓氷峠を超えて長野方面へ。

雪の残る浅間山

軽井沢に入ったあたりで、雪の溶けかけの浅間山が良い風景。さらに進んで佐久市の先あたりでディナータイムと相成りました。
長野といえばやっぱりソバでしょ。って事で、チャチャっとネット検索でなかなか良さそうなお店にお邪魔致しました。

ときん亭

長野県北佐久郡立科町、「たてしなまち」と、読むらしいです。の、立科町役場前で営業されておられます ときん亭 さま。軽めの夕食で本物のお蕎麦に期待で御座います。
ガラガラっと暖簾をくぐると、いらっしゃいませー、とお母さん。奥の四人掛けテーブル席に着座。先客おひとり。室内若干灯油の匂いが気になります。。メニューをチェックする事3秒。お茶を持ってきてくれたお母さんに基本のヤツを大盛でお願いしました。数分後到着です。

おおもりそば

大盛のもりそばで、おおもりそば、到着です。
予想を超える量。

山盛り

横から見るとこんな感じ。まさに山盛り。早速山盛りそばをひとつ手繰ってひとすすり。ハイハイ、毎日食べたいプロ旨蕎麦です。蕎麦の香りも良く腰もある存在感強めな田舎そばです。そばつゆを付けてひとすすり。ウンウン、お汁もしっかりお出汁の効いた昔ながらの良いお味。飛びぬけない丁度良い感じが最高です。ネギ投入でひとすすり。おろしを入れてひとすすり。ワサビを入れてひとすすり。高級蕎麦のそれじゃないガツガツ行く感じが最高です。ほど良いタイミングでお母さんがそば湯を持ってきてくれました。最後のお蕎麦を丁寧に集めてそば猪口に。残りのネギとワサビ、おろしも合わせてそば湯投入。ズズっとすすれば最後の至福の瞬間です。。これを飲みたくて蕎麦を食べてると言っても過言ではありません。

はじめてお邪魔するお店でしたが、特別じゃない普段使いできる感じのお店で良い感じでした。金額も大変お安くて、このレベルのお蕎麦をこの金額で食せるとは、さすが本場お蕎麦王国と羨ましく思いました。
また機会があったらお邪魔したいと思います。
ときん亭さま、お蕎麦大変美味しかったです。ご馳走様でした。

[link] : ときん亭 – 田中/そば [食べログ]
[link] : ときん亭(上田/そば(蕎麦)) – Retty
[link] : ときん亭(長野県北佐久郡立科町大字芦田/そば(蕎麦)) – Yahoo!ロコ