ぐんまうちゅう日記 > ランチ・ディナー・外食・飲食 > 福耳とうがらしの昆布醤油漬けを仕込む。新鮮なうちに食べきれず、お醤油に昆布投入でピリ辛昆布醤油に。

福耳とうがらしの昆布醤油漬けを仕込む。新鮮なうちに食べきれず、お醤油に昆布投入でピリ辛昆布醤油に。

田舎住まいなもので季節によっていろいろと頂戴します。
ありがたい事です。
この夏も周辺のお家から色々と差し入れがありました。

中でも今年たくさん頂いたのがコチラ。

福耳とうがらし

ちょっと大きなサイズの唐辛子。福耳(ふくみみ)と言う品種との事。
辛み控えめで、青唐辛子とピーマンの中間のようなお味で、炒め物等々に活用させて頂きましたが、たくさんもらい過ぎて、悪くなってしまいそうに。

なので、悪くなってしまう前に、ピリ辛昆布醤油にすることに。

ほど良く刻む

ほど良いサイズに刻んで、ビンに投入。

昆布+醤油投入

昆布適量にお醤油投入で仕込み完成です。

数日後、福耳を取り出しちょっと刻んで、オン・ザ・冷ややっこに。
ピリ辛昆布醤油をひと回しして、早速頂戴すると、こりゃこりゃなかなかスパイシーでグッドな仕上がりで御座いました。
また次回頂戴したら、ピリ辛昆布醤油仕込みたいと思います。

[link] : 福耳とうがらし<唐辛子の品種:旬の野菜百科