ぐんまうちゅう日記 > ランチ・ディナー・外食・飲食 > 手打そば 浅川 で金砂郷蕎麦(かなさごうそば)を食す。前橋市日吉町、東部バイパス餃子の王将斜向い、信号角に鎮座。

手打そば 浅川 で金砂郷蕎麦(かなさごうそば)を食す。前橋市日吉町、東部バイパス餃子の王将斜向い、信号角に鎮座。

コチラも以前から一度はチェックしておかないと、と考えていたお店です。東部バイパスで営業されている 餃子の王将前橋三俣店 斜向い、信号角に鎮座まします手打ちそばが有名なお店、手打そば 浅川 さん、ついに訪問です。早速入店します。

手打ちそば浅川外観

いらっしゃいませー、そちらへどうぞー、と女性店員様。高齢の方からお若いカップルまで店内にぎわっており、8割程埋まっております。メニューをチェックしてまずは基本、メニュー先頭に記述ありますスゴイ強そうな名前の一品 金砂郷蕎麦(かなさごうそば)を注文。お姉さん店員さんがお茶を持ってきてくれたタイミングでビシッと注文。込み合っているせいか到着まで時間がかかります。大凡20分後、待ってましたと真打登場です。

金砂郷蕎麦

おお、いかにも玄人向きな佇まい。蕎麦猪口にほんの少しお汁を注いで早速ひとすすり。ハイハイ、こりゃ玄人好みな職人味のヤツです。香り高いお蕎麦は噛みしめるとホロッと砕け、喉越しも最高です。口中オイシイおそば祭りです。ネギをちょっとでひとすすり。ワサビをちょっとでひとすすり。ウンウン、どれも表情が変わってなかなかマイウーです。盛りもお上品な感じで気付けばフィニッシュもすぐそこ。ラストのひとつまみもツルっとひとくち。白濁蕎麦湯で2杯。余った薬味を足して美味しくフィニッシュです。

調べてみると、金砂郷(かなさごう)とは、現在の茨城県常陸太田市金砂郷地区。旧・茨城県久慈郡(くじぐん)金砂郷町、の町名から付けられている模様。お蕎麦で有名な地区のようです。

成る程こだわり職人技なお店でした。手打そば浅川さん、また邪魔したいと思います。

[link] : 手打そば 浅川(@soba_asakawa)さん | Twitter
[link] : 浅川 – 中央前橋/そば [食べログ]
[link] : 浅川 [前橋市日吉町/そば] – Yahoo!ロコ
[link] : 餃子の王将 前橋三俣店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です