ぼくらの希望ファーム の 情熱卵朱(じょうねつたまご・あか)を食す。道の駅おおたで購入、邑楽郡大泉町にファーム&直売所鎮座。

先日、大変素晴らしいお土産を頂きました。なんでも 道の駅おおた で売っていたのだとか。「コレ、卵かけごはんに最高なんだって」との事。それはそれは!私、卵かけご飯大好きで御座います、という事で、早速次の朝、頂戴する事に。

情熱卵朱 6個入り

ぼくらの希望ファーム株式会社 さまの、情熱・卵・朱、六個入り。「じょうねつたまご・しゅ」でしょうか。
外箱からして高級そうです。。いったいいかほどだったのか。。

情熱卵朱

パかりとオープン!
大変濃ゆい殻の色で威風堂々。卵六兄弟、ドシリと鎮座まします。

卵かけごはん

一個拝借して、パカリとオンザライス。予想通り、オレンジに近い濃い卵黄で、箸で持てちゃう的なヤツなのです。お醤油をひとたらしして早速かひとくち。ウンウン!大変お味の濃い卵で、卵の風味が際立ちます。お醤油入れすぎ注意で、卵の旨みをご堪能です。
大変旨すぎでかき込み止まらず一瞬で胃の腑に。良いものを頂きまして○○さま本当にありがとう御座います。

調べてみると、ケーキやお菓子作り向きの「情熱卵白(じょうねつたまご・しろ)」と、お料理向きの「情熱卵朱(じょうねつたまご・あか)」があるとの事。「朱(しゅ)」と書いて「あか」と読ませるのですね。なるほど、紅白なのですね。
金額は六個入り、店頭受け取りで540円との事。という事は一個90円。ウンウン、納得の値段です。

安かろう悪かろうではなく、キチンと作ってキチンと支払う。大事なことですよね。
機会があれば直売所にもお邪魔したいと思いました。
ぼくらの希望ファームさま、良いお仕事で大変美味しゅう御座いました。いつか必ずお邪魔したいと思います。

[link] : 情熱卵の白卵と朱卵 – ぼくらの希望ファーム
[link] : 紅白の卵?黄身の色が2色ある『情熱卵(じょうねつたまご)』を取材しました! – Webマガジン「Mogu・Maga」|食べよう、国産!
[link] : 道の駅おおた|群馬県 太田市の道の駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です