ぐんまうちゅう日記 > コラム・レポート > いぼ痔手術体験記 > 内痔核根治術(結紮切除)いぼ痔手術体験記 その14 – 完治報告。20年以上育て上げたイボ痔とサヨナラした手術体験日記ブログ。

内痔核根治術(結紮切除)いぼ痔手術体験記 その14 – 完治報告。20年以上育て上げたイボ痔とサヨナラした手術体験日記ブログ。

内痔核根治術(結紮切除)いぼ痔手術体験記 その14 – 完治報告。20年以上育て上げたイボ痔とサヨナラした手術体験日記ブログ。

前回のブログでも書きましたが、その後ありがたいことにまったく問題ナシで私生活を営んでおります。ウォシュレット最強でも全然オッケーバッチコイです(‘◇’)ゞ
術後から丸四か月経過して、主治医の方から経過観察で来院ください、と言われていた事、ふと思い出しました。まったく問題ないのですっぽかしてしまおうか、と若干考えたものの、やっぱり先生にお墨付きをもらおうと、久しぶりに病院に行ってまいりました。

前回病院で見てもらった時は、ほぼ問題なかったものの、術後の影響で肛門が狭くなっているような感じでしたが、現在ではまったく問題ナシ。通常サイズに整った模様です。

「ハイ、じゃあ見させてもらいますねー、ベットに横になってくださいー」

と、いつもの横向きで膝抱えスタイルのヤツです。久しぶりです。

「失礼しますー、じゃ指が入りますねー」

と、軟膏塗られてまずは触診。その後広げる器具を入れられてちょっとの辛抱。前回は狭くなった肛門で、器具など入れられると、裂けちゃう!裂けちゃうよー!と、いった感じで若干うめき声が出てしまう程度の痛みがありましたが、通常サイズに戻った肛門で、触診は全く問題ナシ。器具はちょっと痛かったものの、オラオラなんでもコイ!といった感じでした。

その後着衣を直して問診。傷跡も綺麗になってまったく問題ないとの事。これですべて完治とのお墨付き頂戴致しました!

ああ良かった、先生有難う御座いました、と、お会計を済ませて帰る途中の道すがら、一点思い出しました。

膿んで爆発した肛門後ろの皮膚のたるみ。コレが戻っていないんですよね。。痛みもなくなんともないのですが、若干邪魔というか。。あるよりはない方が良いかと。
まぁ、でも、聞いたところで、ですねー、残ってしまいますねー、と言われる程度かと思いますので、まあいいか、と、ひとり共存していこうかと納得しました。どうか縮んでおくれ、と願掛けつつ、入浴時のマッサージを日々欠かさぬよう精進しようと思います。

ありがとう先生!今後はトイレ五分以内を徹底したいと思います(‘◇’)ゞ

内痔核根治術(結紮切除)いぼ痔手術体験記 その15 – 生命保険の手術給付金無事取得。20年以上育て上げたイボ痔とサヨナラした手術体験日記ブログ。

内痔核根治術(結紮切除)いぼ痔手術体験記 その13。20年以上育て上げたイボ痔とサヨナラした手術体験日記ブログ。