ぐんまうちゅう日記 > コラム・レポート > この雰囲気はどこかで見たことがある。ゲーマーをアウトドアに引っ張り出した「ポケモンGO」に見る驚異的な社会現象について。

この雰囲気はどこかで見たことがある。ゲーマーをアウトドアに引っ張り出した「ポケモンGO」に見る驚異的な社会現象について。

先日地元前橋で 前橋ビジョン発表会 と言うイベントがありました。格安メガネで革命を起こしたJINS代表の田中さんと山本前橋市長が推進するこれからの前橋を考えるイベントです。イベント前にちょっと時間があったので、ポケモンGOで人出がスゴイと噂に聞いた前橋公園にちょっと行ってみようかと。かくいう私めもやってます。ポケモンGO。グリーンドーム側から信号を渡って旧競輪場跡地の公園に入るといるわいるわ!スゴイ人です。

ハンターでにぎわう前橋公園

サラリーマンのオジさまから高校生の若者グループ。社会人っぽい女の子達、子連れのお母さんと老若男女、スゴイ賑わいです。なんでここに人が集まるかと言うと、公園内にポケストップと呼ばれるランドマークがたくさんあるのです。このポケストップからいろいろなアイテムがゲットできるのです。

ポケストップがいっぱい

また人が集まるとポケモンも出やすくなるようです。実際に私めも試してみると、普段出てこないようなレアなポケモンがちょろちょろ出現し、数匹捕獲しました。こりゃ人が集まるわけです。そうこうしているうちに時間が来たのでドームへ向かいます。

ドリーンドーム前橋 前橋ビジョン発表会

会場へ入ると結構な人です。4,000人入ったとの事。私のようななんのしがらみがない人間がどれほどいたのかは分かりませんが、半分関係者としてもスゴイ人数ですね。関心の高さが伝わります。一部では概要や進行中のプランの解説等。二部では田中さんと山本市長に糸井重里さんを加えたトークセッションになります。コレが見たかったんです。流石糸井さん、歯にもの着せぬ物言いで的確に問題提起します。利権でぬるま湯なポジションの人間にとってはかなり耳の痛い話になったのではと思いました。私も一市民として頑張らねばと尻を叩かれた気分です。とても感化されました。

イベント終了直後の渋滞を避けがてら、夜はどうなのだろうともう一度前橋公園に向かいます。公園側に入るとビックリしました。

夜の前橋公園 多くのポケモンハンター達

この時すでに夜22時。逆にハンターが増殖している模様です。こりゃあ社会現象だ。。本当にビックリしました。。従来部屋に籠って楽しんでいたゲーマーを屋外に引っ張り出したポケモンGO。諸々問題はありますがコレはある意味時代が変わったんだと思います。現実空間にゲームを取り込んだ革命です。近くにいる人間には同じポケモンが出現しているようで、「お!ミニリュウだ!」などと近くの人達から声が上がります。

この雰囲気どこかで見たな、、と考えると今からさかのぼる事20数年前、免許取り立ての頃、念願の愛車で前橋駅ロータリーを徘徊するアレでした。週末に楽しさを求めて徘徊した前橋ロータリー。女の子に声をかけてゴハンしたり飲みに行ったり喧嘩に遭遇したり。スリリングで楽しかったなぁ、と思い出しました。あの人が集まる熱気に似ているなと思いました。

多分今後ポケモンGOナンパ、一部で流行るのではないでしょうか。室内で悶々としているより、歩きスマホでも歩いた方がよっぽど健全です。インドア派の皆さん、スマホを手にして外に出ましょう。新しい世界がそこにあります。

[link] : 『Pokémon GO』公式サイト
[link] : ポケモンGO 「前橋公園」雨でもハンター 歩くだけでオーケー – 高崎前橋経済新聞
[link] : 群馬県前橋市|前橋ビジョン発表会【8月3日(水)ヤマダグリーンドーム前橋】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です