ぐんまうちゅう日記 > 自転車・バイク > CD125T > ホンダ・ベンリィ CD125T。レッグシールドの塗装が剥げてきたので全部剥がしてみた。

ホンダ・ベンリィ CD125T。レッグシールドの塗装が剥げてきたので全部剥がしてみた。

チョロッと近所の用事に、荷物少ない時の野暮用に、日々活用しておりますわが愛車 ホンダ・ベンリィ CD125T。
本日は以前から気になっていた、剥がれかけのレッグシールドの塗装を一度キレイに剥がしてみる事に。

剥がれかけの塗装

塗装が剥がれかけた左側のレッグシールド。このままだとちょっとカッコ悪いですね。

スクレイパーで削り取る

まずはスクレイパーでガリガリ削り取ってみました。
時折、グリッと深く入ってしまいますが、なるべく塗装だけを削り取るように集中。

サンドペーパーで仕上げ

ひととおり塗装が剥げて下地が見えました。元のコーティングが劣化している模様だったので、全体的に一皮剥がすようにサンドペーパーでシコシコと。

剥離完了

まずは左側、キレイに剥がれました。

右側も同様に

続いて同様に右側もガリガリっとペリペリッとシコシコっと。
何とも地味な作業に難儀しましたが、両側キレイにして早速取付け。

白に戻りました

剥がして磨いたらマットブラックに塗装しようかと思っていましたが、このまま白でもなかなか良い感じですね。
ステッカーでも貼ってみようかとも。

ホント、バイクいじりって楽しいですね。

次回に続く!

ホンダ・ベンリィ CD125T。もしもの時に備えてパンク予防剤、ビーバーシーラントを注入。

[link] : Honda | バイク製品アーカイブ 「ベンリイ CD125T」