ぐんまうちゅう日記 > ランチ・ディナー・外食・飲食 > ダイニングバー・ケン で 名物1ポンドポークソテーを食す。JR佐野駅南西、殿町通り交差点角で営業。

ダイニングバー・ケン で 名物1ポンドポークソテーを食す。JR佐野駅南西、殿町通り交差点角で営業。

この日は栃木県佐野市に遠征。JR佐野駅そばにあるライブハウス、ダイニングバー・ケン さんにお邪魔しました。

ダイニングバー・ケン

大人な皆様が往年のロックナンバーを奏でておりました。やっぱり生のライブサウンドは良いですね。
激しいロックサウンド包まれていると、お腹が空いてきました。ので、ケンさんと言えばコレ、の名物な一品をオーダー。出来上がるまで20分かかりますよー、ハイ大丈夫ですー、とじっくりゆっくり待機です。

サラダ

まずはセットのサラダが到着。お肉前の下準備ベジファースト。黄色いチーズがかかったサラダを早速パクリ。うんうん、ナチュラルテイストな薄味サラダで御座います。チーズの塩分がほど良い感じでフレッシュ野菜が引き立ちます。

更に待つ事数分。いよいよメインディッシュの到着です。

古代米

セットのライス。
古代米でしょうか。あずき色に色が付いています。

1ポンドポークソテー

ドドーン!と来ました名物ワンポンドポークソテー!ワンポンド、ってことは500グラム弱。すごい迫力です。早速肉塊をギコギコやって口中へ。ウンウン!!コレですコレ。お醤油ベースのポークソースに噛み応え十分の大迫力ポーク。豚肉を食らう!豚肉肉塊喰いまくり!口中豚肉祭りです。真ん中に境目があって、各部位によって食感や味わいが違います。赤身部分も旨しですが、程よく付いている脂身も最高旨し。こりゃタマランチンです。
古代米のライスをひとくち。ウンウン、特にクセもなく食べやすいです。肉・にく・豚肉・ポークと怒涛の豚肉祭り。満腹中枢危険信号のレッドゾーン越えにて、ラストの肉塊を咀嚼しつつ、ライス残しで満腹ギブアップフィニッシュ。ご馳走様でした。

お酒飲みながらみんなでシェアするのも良いですね。
またお邪魔する機会があったら絶対また頂きます。今回もご馳走様でした。

[link] : Dining Bar KEN | 佐野市のライブハウス