ぐんまうちゅう日記 > ランチ・ディナー・外食・飲食 > カオタンらーめん37 で塩らーめん+チャーシューで塩チャーシューめんを食す。伊勢崎市八幡町、伊勢崎環状線沿い、華蔵寺公園南で営業。

カオタンらーめん37 で塩らーめん+チャーシューで塩チャーシューめんを食す。伊勢崎市八幡町、伊勢崎環状線沿い、華蔵寺公園南で営業。

こちらのお店も以前から一度、伺っておかなくてはと思っていたお店です。気になったのはその店名。「カオタンらーめん」は、東京、青山にあるお店で有名ですが、そちらの系列店?なのかと気になっておりました。
この日はいみじくも東京からの帰り道。自宅に向かうその途中に丁度通りがかるコースでしたので、ちょっと遅めのディナーにてお邪魔してみました。

カオタンらーめん37外観

三軒ほど連なったテナントに入っています。店前に駐車。早速入店します。いらっしゃいませー、とオーナーシェフらしきマスター。先客一組が入口左手の座敷で呑みモードです。カウンターに着座。メニューを確認して、おすすめの塩らーめんにチャーシューをトッピングします。麺が数種類選べるとの事で細麺をチョイス。数分後到着です。

塩チャーシューめん

おおー。見るからにさっぱり塩味なイイ感じのヤツです。早速スープをひとすすり。ウンウン!これはイイ仕事してるヤツです。さっぱり上品なお味の中に芳醇な出汁の旨味。これはプロのヤツです。麺をかき分けひとすすり。うんうん、コチラもなかなか本格派な旨し麺です。表面に浮かぶ焦がしネギの風味も抜群に良いです。チャーシューをパクリ。ハイハイ、こちらも丁寧なお仕事されているお味。参りました。スカッと爽やかなキヌサヤに良い感じに旨味の染みたメンマ。どれも相性抜群で最高な一杯です。あっと言う間に完食。マジ旨しでした。

帰り際、マスターにお話を伺うと、「カオタン」とは漢字で「高湯」と書いて、中華料理で使われる出汁の事で、肉や骨、野菜から取られるスープの総称なのだそうです。また東京のカオタンらーめんと関連があるのか伺ったところ、なんと以前お勤めだったのだそうです。暖簾分けなのか否かまでは聞きませんでしたが、やはり!思っていた通り!あの「カオタンらーめん」だったのですね。胸のモヤモヤがスカッと晴れました。

本当に美味しいプロのお店でした。今度はランチでもお邪魔したいと思います。
カオタンらーめん37さん、またお邪魔させて頂きます。

[link] : カオタンらーめん37オフィシャルページ
[link] : カオタンらーめん37 (カオタンラーメンサンジュウナナ) – 伊勢崎/ラーメン [食べログ]
[link] : カオタンらーめん37 – ラーメン / 伊勢崎市 – ぐんラボ!
[link] : かおたんラーメンえんとつ屋 南青山店 (かおたんらーめん・えんとつや) – 乃木坂/ラーメン [食べログ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です