ぐんまうちゅう日記 > ランチ・ディナー・外食・飲食 > ぶらり福島の旅その2。チーナン食堂でチャーシューメンを食す。いわき市小名浜、小名浜港路地裏に鎮座。

ぶらり福島の旅その2。チーナン食堂でチャーシューメンを食す。いわき市小名浜、小名浜港路地裏に鎮座。

謎の店、海鮮呑屋めざせ!そばや! を後にして、知らない町をブラブラ散策。メイン通りから裏路地に入ると、定食屋さんなどもポツポツあり、なるほど、ここいら一角は漁港にお勤めの皆様の台所でもあるのだなと。イイ感じの港町です。
一件目のお店のほぼ真裏、事前にチェックした際、ちょっと気になるラーメン屋さんがあったので、とりあえずコチラで〆ようかと、お邪魔する事に。店内覗いてみるとどうやら満員の模様。どうやら本格的人気店っぽいです。

チーナン食堂外観

数分待機の後、入店出来ました。チーナン食堂 さん、イザ初上陸です。奥の小上がり座敷席には小さいお子様連れのご家族様二組。ホールに並ぶテーブル席も満員御礼で御座います。壁に貼られたメニューを確認する事10秒、お水を持ってきてくれたお母さんに、チャーシューメンとビールをオーダー。ラーメンは作っちゃっていいですか?ハイ、お願いします、と。まずは瓶ビール到着です。

瓶ビールにキュウリ

大瓶のキリンラガーに塩もみのキュウリ。まずは早速キュキュっと一杯。うーん!やっぱしたまりません。塩もみキュウリも最高のアテです。ラー油をひとかけしてピリ辛キュウリ。ビールにベストマッチです。そうこうしていると、早くもメインの登場です。

チャーシューメン

器からはみ出る大迫力チャーシュー!こりゃあ普通のラーメンで良かったかな、、と若干後悔するも、取り合えずはみだしチャーシューをひとくち。ウンウン、昔ながらのチョイ固め、ノスタルジック焼豚です。コチラもビールの肴に最高なヤツです。残ったビールを飲み干してイザ、メインの本丸へ。スープをすすると、動物系強め、どっしりコクのあるお出汁です。麺を手繰ってひとすすり。食感豊かな中太ストレート麺、単独でも小麦風味香る味わい深い麺です。絡む動物系老舗スープが何ともベストマッチ。コレが小名浜味なんですね。深く納得で御座います。

丼にチーナン食堂の文字

食べ進めると丼から覗く「チーナン食堂」の文字。オリジナル丼、たまりませんねぇ。お店の雰囲気も相まっていい感じのノスタルジック感です。直前に食したメヒカリの唐揚げが効いてきたのか、既にお腹は満腹満足状態。ですがこちらは残せません。ラストの肉塊チャーシュー、細かな仕事が効いた旨メンマ、中太男麺をしっかり味わいつつ、満腹中枢大幅にレッドゾーン越えで、なんとか完食です。

ちなみに帰宅後、そもそもチーナンとは何ぞや?と。調べてみると、中国の地名で、山東省済南市(さんとうしょうさいなんし)という都市があり、こちらの「済南市(さいなんし)」を、チーナン市、とも読むのだそうで、恐らくコチラの都市名から由来されておられるのかと予想致しました。
初めての街で出会った最高の一杯。また機会があったら絶対お邪魔致します。
チーナン食堂さま、ご馳走様でした。

[link] : チーナン食堂 – いわき市その他/ラーメン [食べログ]
[link] : チーナン食堂 | ラーメンデータベース
[link] : チーナン食堂(いわき市/ラーメン) – Retty
[link] : 済南市 – Wikipedia