ぐんまうちゅう日記 > 自転車 > MTB > TEKTRO ディスクブレーキ サービスキット で、MTBのディスクブレーキメンテナンス。利きが悪いと思ったら酷い事になってました。

TEKTRO ディスクブレーキ サービスキット で、MTBのディスクブレーキメンテナンス。利きが悪いと思ったら酷い事になってました。

日頃よりMTBでお散歩に出かけたり、遊んだりしておりますが、徐々に後輪のディスクブレーキの効き目が弱くなってきており、またどういったタイミングなのか、スカスカになって全然利かなくなったりするので、これはエアーが入っているのか、またはオイル自体が劣化しているのかと。ワイヤーのブレーキと違って、オイルのブレーキって調整できないんですよね。で、早速調べると、自転車部品、ブレーキで有名な TEKTRO さんから、交換用のキットが販売されているとの事だったので早速オーダー。数日後届きましたので、週末早速オイル交換にチャレンジしました。

TEKTRO ディスクブレーキ サービスキット

こちらが TEKTRO ディスクブレーキ サービスキット です。オイルと注入用の注射器、排出用のチューブなどなど入っています。

リアブレーキ

まずはリアブレーキ部をキレイにして準備完了。ゴムキャップしてある箇所よりナットを緩めて注入するのだそうな。

ブレーキレバー

そしてブレーキレバー部の準備も完了。センターにあるネジを外して、排出用のチューブをセットするとの事。

フタ上部に排出用チューブを設置

ブレーキを水平にセットして、チャチャっと設置完了。汚れたオイルはビニール袋に回収するように。

後輪ディスク側

ゴムキャップを外してスパナをセット。

注射器にオイルをセット

注射器にチューブを取付けて、新品オイルをチューっと吸い込みます。

後輪ディスク部にセット完了

ディスク部に絶対オイルが付かないよう、下準備も万全に、十分に気を付けて注射器をセット。ナットを半回転させていよいよオイル注入です。

気泡と汚れたオイル

注射器をギュー、、っと押し出すと、レバー側から古いオイルが抜けていきます。
初めに出てきたオイルの色にビックリ!グレーに劣化して、気泡もポヤポヤと。。確かにこれじゃあダメですよね。。

キレイなオイルとエアー

その後も新しいオイルが出てくるまで、ギューーっと注入して完了、確認出来たらディスクブレーキ側のタップを締めます。エアーが入らないように細心の注意を払いつつ、レバー側上の排出用プラグを外し、ヒタヒタにオイルを足してネジを締め、交換完了です。

無事交換できて良かった良かった、と、思っていると、後輪ディスクに上部から滴ったオイルが。。ああ!と慌ててフキフキしたのも後の祭り。中性洗剤で洗ってもみましたが、ヌル~っと効き目が微妙な事になってしまいました。。ブレーキパッドには絶対に付かないようにしていたのですが、まさか滴り落ちたオイルがディスクに付着するとは想像していませんでした。。

まあまあ、、そのうちオイルも抜けるだろうと、水洗い多めに、普段使いしようかと思います。
次回チャレンジするときは、タイヤ外して挑みたいと思います(‘◇’)ゞ

[link] : cycledesign(サイクルデザイン) 自転車 ディスクブレーキ サービスキット テクトロ アウリガコンプ 201062