ぐんまうちゅう日記 > ランチ・ディナー・外食・飲食 > Neco(ネコ)でチキンカレーを食す。埼玉県行田市、JR行田駅北、国道17号と17号バイパス間で営業。

Neco(ネコ)でチキンカレーを食す。埼玉県行田市、JR行田駅北、国道17号と17号バイパス間で営業。

この日は都内入りの途中、いつもの行田でランチタイムと相成りました。
以前から気になっていた、関東では珍しい、北海道・札幌などで有名なアノお店に入ってみました。

スープカレーNeco

JR行田駅に向かう途中、17号バイパスから行田駅に向かうその途中で営業されておられますスープカレー屋さん、Neco(ネコ)さん。
外観写真撮り忘れにて、Google map さまより拝借致しました。
オシャレな感じで女子が多いのではと、ちょっと躊躇しましたが、がんばれオジサン覚悟を決めて暖簾潜りました。いらっしゃいませー、とマスクの女子店員さま。想像していたとおり女子、またはカップルの先客様が4~5組。おひとり様ですか?こちらへどうぞー、と店内奥のカウンター席に着座。メニューをチェックする事10秒。スタンダードっぽい一品をオーダー。数分後到着です。

チキンカレー

コレが噂のスープカレー。口にするのは初めてで御座います。持ってきてくれた店員さんに、コレはごはんにかけて食べるの?それとも別々に?などと質問すると、基本スープなので、別々に。お好みで、ライスをスプーンにのせて浸して食べても、と。なるほど、なるほど。カレー=ご飯にかける、じゃないんですね。了解しました、と、早速頂戴致します。まずはスープをひとすすり。ウンウン!本格スパイシーな確かにカレーです。確かにスープのカレーです。なるほど、こういうものなのですね。よく煮込まれたチキン、モモ肉を切り分けてホロっとひとくち。ハイハイ、なるほど。カレー味のよく染みたウマ辛スパイシーチキン。こりゃハマりそうです。ライスをスプーンにスープに浸してひとくち。ウンうん、なるほど。コレはコレで確かにカレーです。ですがはやり、合わせず別々に食べても全然大丈夫。いわゆるカレーの概念とは違ったものでした。香ばしくグリルされたナス・ピーマンもなかなかの名脇役。ピリ辛の中につかの間のオアシス的存在なゆで卵。シャキシャキ食感が小気味よい水菜。それぞれのコンビネーションで、一杯で様々な場面が味わえる一皿。札幌名物になるのが納得で御座います。
スープ・チキン・ライス・ニンジン・ポテト・スープ・ライス、と魅惑のスペシャル・ローテーション。ラストのスープを飲み干して、納得満足のご馳走様でした。

勇気を出して入って大正解でした!
スープカレーNeco(ネコ)さま、また機会があれば絶対お邪魔致します。ご馳走様でした。

[link] : Neco (ネコ) – 行田/スープカレー [食べログ]
[link] : Neco(行田/カレー) – Retty
[link] : Neco (行田市) 最新のレストランの口コ(2019年) – トリップアドバイザー