ぐんまうちゅう日記 > 登山・山歩き・ハイキング > 秋の赤城山、鍋割山トレッキング。次男坊(小一)と清々しい山を堪能。下山中にゲリラ雨の洗礼。

秋の赤城山、鍋割山トレッキング。次男坊(小一)と清々しい山を堪能。下山中にゲリラ雨の洗礼。

この日は小学校一年生の次男坊と留守番。との事で、秋のベストシーズン、折角なのでチョロッと鍋割に行こうかと。

トレッキング出発

さあ行くぞー!といつもの南面登山口からトレッキング開始。

大きな岩

登り初めて最初の難関。大きな岩のところ。

上からオジサンがおりてきました。すれ違いざま「こんにちはー、ありがとうございます。」と、気分良く挨拶をかわします。

お天気が良かったので、登山者も多い模様。

白い花

トレッキング途中、キレイなカワイイ花。
心癒されます。

青い花

こちらも青いカワイイ花。
ホッとします。

休憩ポイント

そうこうしていると早くも休憩ポイントの鍋割高原到着。
糖分と水分補給タイム。

鍋割高原

数分休憩の後、いくぞー!と出発。

岩場の急登

岩場の急登。
紅葉がイイ感じに始まっております。

最後の階段

最後の階段。
心臓破りの最後の難関です。

マイペースでゆっくり上って登頂完了、お疲れさまーと次男坊とハイタッチ。で、早速山ラーメンタイムです。

山カレーラーメン

次男坊お気に入りのカップヌードルカレー味と、コンビニで新商品っぽかった、芸能界が唸るほどうまいらしいビーフカレーヌードル。
早速お湯を沸かして頂きます。

ランチタイム

ビックがいい!と大きいのをかったのですが、お腹いっぱい―、と、1/4 ほど残して完食できず。。

芸能界が唸るほどうまいカレーヌードルもウマかったです。倅の残り分も美味しく頂きました。満腹満足。

鍋割山頂からの眺め

食後はゆっくりのんびりと食休み。
雲がありますが、モヤッとした風景も良い感じです。

まったり休憩していると、オシッコしたい。。と次男坊。

下山開始

そんじゃあそろそろ下りようかと下山開始。

春名方面の景色

階段を下りつつ、榛名方面も良い感じの風景。

大きな岩まで行ってみる

オシッコーもれるー、と次男坊。階段途中のクマザサに踏み跡を発見。
その先でチョチョっと済ませちゃいな、と、私めもついでに二人並んで親子で連れ〇〇ン。

よくよく見てみると、その先に大きな岩が。
ちょっと気になったので、行ってみる事に。

大きな岩に穴

大きな岩まで行ってみると、真ん中に穴が。
荷物を下ろせば大人一人入っていけそうです。

祠がありました

ヨイショヨイショ、と岩に体をぶつけないように入ってみると、苔むした祠があり。
屋根が落っこちてしまってます。。

山の神様がいらっしゃるとは知りませんでした、失礼したました、お邪魔しました。
と一礼してチャチャっと退散。

紅葉が良い感じ

神様の目前で粗相をしてしまった罪悪感を感じつつ、岩場の急登を下ります。
紅葉がイイ感じです。

西の空から怪しい雲

順調に下山していると、なにやら西側から怪しい雲が。。
山の神様がお怒りでしょうか。。

ゲリラ雨

するとみるみるうちに雲に包まれ、ポツポツとゲリラ雨。。。

山の神様の機嫌を損ねてしまったようです。
スイマセン神様、本当に知らなかったんです。もうしません。。

と、滑らないように要注意でゆっくりと。

神々しい風景

ゲリラ雨も収まって、もうちょっとで下山完了のちょっと手前で、伊香保辺りの空から太陽光線が。
何とも神々しい風景です。

双眼鏡で見る

きっと神様許してくれたんだねー。と次男坊。
双眼鏡出してー、と幻想的な風景を楽しんでおりました。

天候急変でビックリしましたが、なんとか無事下山完了。
鍋割の神様、面前で粗相をしてしまい、誠に恐縮です。スイマセンでした。もうしません。。

紅葉シーズン、あと一度くらいは行きたいですね。
また次回もよろしくお願い致します。

[link] : 荒山・鍋割山(1)軽井沢峠~荒山 【赤城山登山ルート】 | 群馬県赤城山ポータルサイト
[link] : 鍋割山 | 山の最新情報、登山情報 – ヤマレコ