ぐんまうちゅう日記 > ランチ・ディナー・外食・飲食 > アルコール・酒類 > 富川酒造店 冨美川 純米酒を呑む。独特な香りのある甘めで気取らない日本酒。

富川酒造店 冨美川 純米酒を呑む。独特な香りのある甘めで気取らない日本酒。

この日は先日、プチ旅の途中で購入した、栃木県矢板市、富川酒造店さんで作られているお酒を頂くことに。

富美川とみかわ

富美川 純米酒。さほどお高くないテーブルワイン、ハウスワインならぬ、ハウス日本酒、になるのかと思います。
早速開封、そしていつものぐい飲みへ。

ほんの少し黄色がかった色

注いでみると、ほんの少し黄色が入った感じです。早速一献。ウンウン、独特の香りのある甘めの日本酒です。酒蔵の香でしょうか、鼻腔に抜ける香りで、酒蔵の風景をイメージできるかのようです。矢板市の道の駅で購入し、その紹介文でも昨今の人気の辛口とは違う、昔ながら日本酒の味、との事でしたが、なるほど、この丸さ、甘めな印象が、いわゆる昔の酒の味になるのかと再認識しました。

本当に日本酒、と言っても様々な味があるのだな、と、奥深い世界を再認識した夜でありました。

[link] : 株式会社 富川酒造店 | 清酒「忠愛」・「富美川」の醸造元。栃木県矢板市にある小さな酒蔵です。