ぐんまうちゅう日記 > 登山・山歩き・ハイキング > 冬の赤城山、赤城温泉登山口から荒山・鍋割山ソロトレッキング。冷たい風が吹きつける冬山。

冬の赤城山、赤城温泉登山口から荒山・鍋割山ソロトレッキング。冷たい風が吹きつける冬山。

この日は妻子外出にて、久しぶりにソロトレッキングに。
気合を入れて赤城山最高峰、黒檜山に登ろうかと予定しておりましたが、当日朝、北西からの風が強くて黒檜山は雲の中。きっと雪も降っているだろうし、展望も望めないな、と予定変更で、以前一度行ったことのある赤城温泉近くの登山口から荒山・鍋割を目指すことに。赤城神社手前を右折で大胡赤城線を上り、冬季は通行止めになるゲート手前の赤城温泉まで車で。駐車スペースも広めでトイレもあるので良い感じです。諸々準備を整えて、冬のソロトレッキング、スタートです。

トレッキングスタート

首都圏自然歩道、ツツジの道。こちらから本日のトレッキング開始です。

急な階段に要注意

急な鉄製の階段。要注意です。

ふれあいのはし

階段を降り切ると川を渡る「ふれあいのはし」。
グレーチングの鉄板で下が丸見え。高所恐怖症の小生、内股がヒヤァ~っと、ヒヤヒヤします。
橋を渡るとスギ林の中を登り上げ。息が上がります。

沢を渡って

登り上げから若干下り沢を渡ります。
朽ちそうな足場。要注意です。

雪登場

ゆるい登りの林間コース。木立の間をゆっくりマイペースで気分良し。
しばらく行くと雪登場。

荒山への分岐

ゆるい登りを小一時間ほど行くと、荒山への分岐ポイント。
高原地図には載っていないコースです。

きつい登りに雪

斜度のある登りでちょっとキツイです。
雪もだんだん深くなってきました。

青空に木々

休憩を取りつつゆっくり登ります。
青空に白樺?がキレイなコントラストでした。

避難小屋到着

目印が分かりにくかったのですが、雪道の踏み跡のお陰で迷わず避難小屋到着。
ココを登ればもうすぐ荒山山頂です。

ひさし岩

途中にある展望ポイントのひさし岩到着。

ひさし岩から見る地蔵岳・黒檜山

ひさし岩から見た地蔵岳とその向こうの黒檜山。
相変わらず冷たい強風が吹いておりますが、黒檜山が姿を見せてくれました。

徐々に雪も

徐々に冬山の様相。
雪上の方が歩きやすいです。

荒山山頂

荒山山頂到着。
ほこらさん周辺も雪です。

荒山山頂から見る地蔵岳

ほこらの向こうから見る地蔵岳。
手前が若干雪庇のようになっています。
この日もそうですが、北から吹き付ける風が強い証拠ですね。

下りの雪道

足早に山頂を後にして荒山高原に下ります。

雪庇

場所によって冷たい強風が吹きつけます。
こちらも雪庇のようになっています。

荒山に青空

振り返ると荒山と青空が素敵な景色でした。
青空に飛行機雲も。

荒山高原

荒山高原到着。
ここまでくるとほとんど雪はなし。

谷川岳方面

荒山高原からまた少し登って、鍋割までの稜線コースに。
途中の展望ポイントで、群馬県北部の峰々がキレイに見えました。
物凄い冷たい強風でとても寒かったです。

桐生方面の景色

鍋割山頂のちょっと手前、風の避けられる展望ポイントでランチにすることに。
桐生方面の良い眺めです。

山ラーメン

定番の山ラーメン。
本当に山で食べるカップ麺、最高です。

山ラーメン雑炊

この日はご飯もプラス。
余ったスープにご飯を入れて醤油ラーメン雑炊に。最高でした。
ゆっくり休憩して出発です。

鍋割山山頂

出発してすぐ鍋割山頂到着。
昼過ぎだったので誰もいない無人の鍋割山頂でした。

鍋割山からの景色

鍋割山頂からの眺め。
寒かったですが良い風景ですね。
早々に来た道を引き返して下山します。

帰り道の荒山

鍋割からの稜線コースから見る荒山に地蔵岳。
冬のトレッキングは寒いのが辛いですが、虫がいない事と眺めが最高。汗ダクダクの時期より全然良いです。

帰り道は荒山を迂回して来た道を下ります。概ね一時間ほどで下山完了。トータル14kmほどの行程にてさすがに疲れました。翌日はバキバキ、膝イタイタで難儀しましたが、その分充実感が最高です。

久しぶりのソロ・トレッキング。子供と一緒に登るのも楽しいですが、ストイックにチャレンジするのもとっても楽しいです。
また次の機会を楽しみにしております。

[link] : 荒山・鍋割山(1)軽井沢峠~荒山 【赤城山登山ルート】 | 群馬県赤城山ポータルサイト