ぐんまうちゅう日記 > コラム・レポート > いぼ痔手術体験記 > 内痔核根治術(結紮切除)いぼ痔手術体験記 その4 – 術後初日。20年以上育て上げたイボ痔とサヨナラした手術体験日記ブログ。

内痔核根治術(結紮切除)いぼ痔手術体験記 その4 – 術後初日。20年以上育て上げたイボ痔とサヨナラした手術体験日記ブログ。

内痔核根治術(結紮切除)いぼ痔手術体験記 その4 – 術後初日。20年以上育て上げたイボ痔とサヨナラした手術体験日記ブログ。

まさかの無痛で万事問題なく終了した手術でした。全然余裕だったなぁ、と病室のベッドで安堵しつつまったりした気分に浸ります。まだ下半身の麻酔が効いているので、なんだかおかしな感覚。長い事同じ姿勢で寝ていると、腰の辺りから背骨にかけて痛みが出てきました。ナースコールで看護師さんを呼んでちょっと痛いんですと相談。力を貸してもらい姿勢を変え、斜め向きに出来るよう背中にクッションを入れてもらいました。かなり楽です。点滴と心電図の計測器?と、おしっこ排泄用の管が入っているので、動ける範囲に制約があり、また違和感もありますが、もうちょっとの辛抱ですね。
ベッド左側が管や配線でごちゃごちゃしてます。

点滴と医療機器

そうこうしている内に消灯時間。何も出来ないのでとりあえず寝るのみです。おやすみなさい、と。

深夜0時頃、それは突如嵐の如くやってきました。ズキズキズキッ!!っとお尻の穴の中が火傷しているかのような激痛です。うぉぉ!!来たかぁ!!とあぶら汗吹き出しつつナースコール。どうしましたー、と看護師さん。ものすごく痛いんです!と言うと、それじゃ鎮痛剤を点滴に入れましょう、すぐ楽になりますよー、と。お!お!お願いします!!と悶絶です。。鎮痛剤を点滴に追加でちょっと安心。が、30分、、1時間、、と経過しても、痛みが消えない。。効いているのかと思いますが、それを余裕で超える激痛です。。ムグググゥ、、と何とか耐えますが、もう辛抱たまらん!!と再度ナースコール。とっても痛いんだけどどうにかなりませんか。。と半泣きで訴えるも、今使っている鎮痛剤はかなり強い薬で、これ以上のものはないとの事。現時点で出来ることは睡眠薬で寝てもらって、数時間たったら鎮痛剤を飲んでもらうしかないと。。という事で睡眠薬を点滴に追加。が、全然眠れない。。時間は早朝4時頃、痛みが続く中、居眠り程度にうつらうつらしては痛みで目覚めるの繰り返し。そうこうしている内に飲み薬が飲める時間になった模様で、看護師さんがロキソニンを持ってきてくれました。早速飲みます。数分後、薬が効いたのか1~2時間ほど眠れました。

目覚めると朝食の時間。大丈夫ですかー、お食事できますかー、と看護師さん。それじゃ点滴外しますねー、と針を抜いてもらいます。すごい解放感で気分良し。お尻は相変わらず痛いものの、夜中の激痛と比べれば耐えられる痛み。数時間ぶりに体を起こします。急に起こすとクラクラする事がある、との事で、ゆっくりスローリーに。看護師さんにもってきてもらった円座にそぉーッと腰を落とします。ピリピリと痛むもののなんとかOK。朝食のお粥を頂きます。昨日は1日絶食しているので、体にやさしくソフトなメニュー。好き嫌いもあって全部は食べられませんでしたが、基本美味しく頂けました。
断続的にピリピリズキズキと続く痛みに耐えつつ、読書タイム復活。徐々に本が読める余裕が出てきました。そうこうしているとランチタイム。早くも通常の食事のようで焼きそばが登場。
食事も薬の一環と、よーく噛んで頂きます。消化の為、体にも、明日来るであろう排便の為にもよく噛んで頂きます。これが明日、この痛い肛門から出てくるのか。。と考えるとちょっと恐ろしいです。。食後には、鎮痛剤と胃薬、便を柔らかくする薬の計3種類を服用します。

午後になり、もう動けますね、との事で、尿道に入っている管を抜きますねー、と。これまで感じたことのない感覚に、抜き始め、うわッ!と声を出してしまいました。。ちょっと痛かったですが、これまたすごい解放感。これで自由に動けます。術後付けていた T字体 を取ってもらい、普通のパンツに。お尻の傷口から体液が出るので、しばらくの間女性用ナプキンのお世話になります。多くても安心な夜用をセットしました。

その後、先生の回診で傷口のチェック。とりあえず問題ないとの事。午後6時、夕食タイムでは美味しく完食。ちょっと余裕が出てきたので食後のコーヒーを買いに軽くお散歩してみることに。術後先生に、コーヒーは飲んでも大丈夫?カフェインは大丈夫ですか?と確認すると、問題ないですよ、との事だったので、コーヒー好きな小生にとっては嬉しい限り。と、早速、ピリピリヒリヒリと、お尻の奥、直腸の傷口が痛みますが、病棟散歩に出発。超スローペースでしたが、ぐるりと一周して無事お目当てのコーヒー購入。病室、ベッドに戻ってホッ、と一安心。。

と、まったりしていると、リラックスした影響か、早くも便意が。。早くも来たか、、と覚悟してトイレに向かいます。スローペースでトイレに向かい、ゆっくりと腰を下ろします。ヒリヒリと痛む患部の様子を伺いながら、おっかなびっくり探るように力んでみます。肛門が痛むのでリキむ感覚がよくわかりません。。そうこうしていると、ゆるめなヤツがチョロ~っと少しだけ出た模様。ピリピリピリッ!っと痛みがあるものの、想像していたよりも楽でした。それなりに痛いですが。。若干額にあぶら汗しつつ、ウォシュレットを最弱で、ソロォ~ッとソフトに、様子を伺いながら洗います。場所によってピリピリッ!と痛みます。。そぉ~っと拭きふきして、ナプキンをパンツにセット。思いのほか汚れのついた使用済みのものを処理してトイレを後にします。夜用で正解だった模様です。

術後の峠は一山超えた模様の術後初日。すでに普通に食事を取っているので、明日のトイレがすごーく心配ですが、一歩ずつ前向きに、がんばれ男の子!で、乗り越えて行こうと思います!!

痔回に続く!!

内痔核根治術(結紮切除)いぼ痔手術体験記 その5 – 術後2-3日、退院まで。20年以上育て上げたイボ痔とサヨナラした手術体験日記ブログ。

内痔核根治術(結紮切除)いぼ痔手術体験記 その3 – 手術当日。20年以上育て上げたイボ痔とサヨナラした手術体験日記ブログ。