ぐんまうちゅう日記 > コラム・レポート > いぼ痔手術体験記 > 内痔核根治術(結紮切除)いぼ痔手術体験記 その13。20年以上育て上げたイボ痔とサヨナラした手術体験日記ブログ。

内痔核根治術(結紮切除)いぼ痔手術体験記 その13。20年以上育て上げたイボ痔とサヨナラした手術体験日記ブログ。

内痔核根治術(結紮切除)いぼ痔手術体験記 その13 – 反省点。20年以上育て上げたイボ痔とサヨナラした手術体験日記ブログ。

今現在、術後丸三か月経過して、万事順調のまったく問題ナシで御座います。すっきりツルツルで排便最高です。

今回は手術入院にあたって、今だから思う、こうしておけば良かった、と思う反省点を挙げたいと思います。

まずは何といっても季節。花粉シーズンの前にと思って、年末12月半ばに決行したのですが、今考えるとめちゃくちゃ風邪やインフルエンザのシーズンでしたよね。。結果、子供からもらってしまったインフルエンザ、に伴う、セキ&クシャミで、ケツ痛倍増の地獄モードでした。。それでも春は花粉でクシャミだし、夏だと暑くて蒸れて化膿もしやすそうだし。消去法で行けば、秋がベストシーズンでしょうか。
仮に、ホント仮に!再度手術入院するとしたら、秋にしたいと思います。

次に入院する日程。多少無理しても丸一週間から二週間はゆっくりしたいな、と。私めは術後三日で退院。子供からインフルエンザもらう、そのせいか否か、手術痕が化膿する、と、ダブル・トリプルな地獄を見たので、完全看護の入院生活していればもうちょっと楽だったのだろうなぁ、、と。
入院最終日の前日に、退院出来そうですか?と聞かれた際、ハイ、心配なのであと数日、と、なんであの時言わなかったのかと。俺のバカ、俺のアホ!と、何度自分を責めたか事か。。
仮に、ホント仮に!再度手術入院するとしたら、最短でも一週間はゆっくりしたいと思います。

大きな反省点はこの二点でした。
これから手術をお受けになる方の参考になればと思います。

ただし私の場合、いっぺんに四つのいぼ痔、内痔核を切除したので、特別痛かったのかもしれません。。他の方の体験談等見ると、ジオン注射を併用する、とか、切除は一か所など、様々なケースがあるので、コレがベストとは言えませんが、主治医の先生とよくよくご相談の上、不明な点や後悔の無い様に、処置して頂ければと思います。

日本全国三人にひとりの悩みの種。全国4,000万人の痔主さま!人間が二足歩行しなければ、、などとは決して愚痴らず、人類進化の栄光に伴う弊害と真摯に受け止め、しっかりケアで共存共栄、覚悟を決めてスパッとスッキリ!いずれにしてもご健闘をお祈り申し上げます(‘◇’)ゞ

内痔核根治術(結紮切除)いぼ痔手術体験記 その14 – 完治報告。20年以上育て上げたイボ痔とサヨナラした手術体験日記ブログ。

内痔核根治術(結紮切除)いぼ痔手術体験記 その12 – 術後29-40日。20年以上育て上げたイボ痔とサヨナラした手術体験日記ブログ。