ぐんまうちゅう日記 > ランチ・ディナー・外食・飲食 > ペヤング 獄激辛 担々やきそば を食す。危険回避でソースは別で。結果ノーマルソースで完食。

ペヤング 獄激辛 担々やきそば を食す。危険回避でソースは別で。結果ノーマルソースで完食。

この日はコレクションの中から賞味期限の迫った一品を食す事に。

ペヤング 獄激辛 担々やきそば

ペヤング 獄激辛 担々やきそば。
取扱危険・問答無用の「獄激辛」シリーズ。
早速開封。

ソースとかやく

獄激辛ソースと謎肉&ニラ?のかやく。
熱湯用意してかやく投入。お湯を注いで待つ事3分。チャチャっと湯切りで出来上がり。

ソースは別で様子見

今回は初めからソースを混ぜずに別で準備。
ほんのちょっと、まずは小さじ一杯分ほどを加えてマゼマゼして早速パクリ。ムムム!!こんな少量でもビリビリ来る恐ろしい辛味!コレはダメです。これまでの獄激辛シリーズと同様に食べ物じゃない危険なレベルのヤツです。

ノーマルソースで完食

という訳で、以前購入してあったペヤング、ボトルソースを加えて美味しく頂戴いたしました。
坦々の謎肉とニラ?で、なんとなく坦々なお味もほのかに感じつつ完食フィニッシュでありました。

まるか食品、ペヤングさま。獄激辛シリーズはヤッパ食べられないっス。罰ゲーム以上っス。
そんでも今後とも楽しく美味しい新商品に期待申し上げます。ご馳走様でした。

[link] : ペヤング 獄激辛担々やきそば  |  まるか食品株式会社