ぐんまうちゅう日記 > ランチ・ディナー・外食・飲食 > てぃーだ で 沖縄そば(肉)を食す。高崎市貝沢町、環状線貝沢町交差点より100m南東で営業。

てぃーだ で 沖縄そば(肉)を食す。高崎市貝沢町、環状線貝沢町交差点より100m南東で営業。

この日は高崎でランチタイム。
新前橋駅方面から旧17号を南下中、貝沢町付近だったので、以前からチェックしなくてはと思っていた、琉球の風を感じるであろうお店に入りました。

てぃーだ

沖縄そばとらーめんの店 てぃーだ さま。早速入店致します。いらっしゃいませー、と女性店員さま。入り口すぐに食券購入機がありますが、ペイペイも使えるとのアナウンス。どうにするんだろうかと店員さまにスイマセーん、と。オーダー決まったら教えてください、との事だったので、それでは看板メニューらしいヤツの肉入りをオーダー。ランチタイムは無料で大盛にして頂けるとの事で、それではお願いします、と。バーコードを読み取って金額記入でペイペイッっと決済完了。店内入って右のカウンター席に着座。左奥のテーブル席には先客さまが3組ほど。お冷で喉を湿らせつつ待つ事数分。お待たせしましたー、と到着です。

沖縄そば肉

沖縄そば 肉。これぞ沖縄そば、といった面持ち。熱々を早速、まずはスープをひとすすり。ハイハイ、コレですコレ。沖縄そば然としたお出汁スッキリの塩スープ。サッパリ旨し。麺をたぐってひとすすり。ウンウン、そーです、コレですコレ。ザ・沖縄そばです。本土の人間からすると、そば、じゃなくて、うどん、と思いますが、そばなんです。コレが沖縄のそばです。ドドンとのった肉をパクリ。ハイハイ、よーく煮込まれた三枚肉、ホロホロの豚バラ。こりゃタマランチんです。お味もよーくしみ込んで最高旨しで御座います。脇役の紅ショウガ、青ネギも素晴らしいアクセント。真白なカマボコ、ホッコリ旨しな箸休めです。気付けばそろそろ折り返し地点。目の前に鎮座する島とうがらしが浸かった泡盛、コーレーグースーをチャチャっとひと回し。むむー!そうそうコレですこの香り。泡盛特有の香りと唐辛子の辛み。脳天を突き抜ける稲妻ピリ辛味。これはクセになります。そば・スープ・肉・そばと怒涛のローテーション。大盛り仕様で満腹満足の完食フィニッシュ。ご馳走様でした。

泡盛の銘柄もたくさん置いてあって、夜は泡盛バーになる模様。機会があれば夜のバータイムも楽しそうだなと思いました。
てぃーださま、沖縄の風を胸いっぱいに感じたランチタイムでありました。またお邪魔させて頂きます。

[link] : てぃーだ – 高崎問屋町/沖縄料理 [食べログ]
[link] : てぃーだ(高崎/沖縄料理) – Retty
[link] : てぃーだ (高崎市) – トリップアドバイザー
[link] : てぃーだ – 高崎問屋町 | ラーメンデータベース
[link] : 沖縄そばとらーめんの店 てぃーだ – ラーメン / 高崎市 – ぐんラボ!